海苔レシピ

雛すし弁当

お節句にふさわしく、華やかに

雛すし弁当

料理:高木 泉
撮影:尾田 学

材料(2~3人分)
【すし飯】
2合
*合わせ酢
50cc
砂糖
小さじ2
少々
【具】
A ほうれん草
60g
B 炒り卵
(卵2個、砂糖大さじ1、塩少々)
C 薄切りハム1袋
1袋
焼海苔(板のり)
約2枚分(弁当箱の幅の長さ、高さに合わせて切っておく)
【作り方】(長方形のお弁当箱を利用)

(1)
合わせ酢の材料を混ぜ合わせ、ご飯に混ぜて、すし飯を作る。
ほうれん草は茹でて水気をしっかり絞り細かく刻む。
炒り卵は卵に調味料を混ぜ、しっかり溶きほぐす。
フライパンに薄くサラダ油を入れ、箸5~6本を使って炒り卵を作る。
ハムはみじん切りにする。

(2)
すし飯を3等分して具の3種類(A、B、C)をそれぞれ混ぜ合わせておく。

(3)
弁当箱の端からまずAを少し詰め、仕切り用に切った海苔(2~3枚重ねる)を入れる。
次にBを詰め、海苔を仕切りに挟む。
この様にしてA→B→Cの順にすし飯を詰めて仕上げる。

このレシピで使った商品の詳細を見る

焼海苔(板のりサイズ)
税込 1,080 円
この商品の詳細へ